相続専門の税理士

税理士class=

遺産相続の計算は相続人の数、現金・不動産・証券の種類や額面などによって複雑になっていきます。
とは言っても最終的な計算自体は簡単なので自分でもできなくはないですが、抜け目なくおこなうためにはそれなりの労力が必要になり、二度手間三度手間ともなりかねません。
そういった苦労をするくらいなら、はじめから税理士さんに相談するのが手っ取り早いですし、確実で安心です。
ただ相続トラブルに関しては税理士さんの土俵ではないので注意が必要です。
税の申告は税理士の独占業務になっていて、大部分の人は相続税とは無縁ですが、もし課税対象者であれば、税理士に依頼すると書類作成から提出にいたるまで税にまつわるものすべてを代行してくれます。

当然のことながら、遺産相続の相談は被相続人が亡くなってからが多いようです。
しかし不謹慎と思われるかもしれませんが、生前から相続について考えていたほうがいろいろ得なことも出てきます。
やり方次第で生前に節税をおこなうことができます。
たとえば家をリフォームすることで資産価値は高まりますが、不動産の評価はかけた金額ほどは上がりません。
他には孫に教育資金の贈与は1500万円まで非課税になっています。
このように、生前にこつこつと節税をおこなうことで、相続人の負担も減らせることができます。
この種の相談も税理士さんは請け負っていますので、いざそのときが来る前に、一度事務所を訪ねてみてはいかがでしょうか。
ちなみに時間的な余裕があれば、相談は繁忙期の時期を避けてあげたほうが良いかもしれません。