お金を気にせず相談

家class=

遺産相続に関する相談は専門サービスを提供してくれる税理士にします。
遺言書の作成、遺留分などの法律面、相続税に関する税金面の両面で頼りになる存在です。
相続が発生する前の段階では、相続税を少しでも少なくすることと納税資金を準備することを中心とした相続対策を行います。
生命保険に加入することで納税資金を用意したり、借入で償却資産を購入して相続財産の評価を引き下げたり、様々な対策があります。
相続が発生してしまうと10ケ月以内に申告と納税をしなければなりませんので、その手続関係を税理士に依頼します。
相続税の申告は所得税の確定申告のように簡単ではありませんので、素人が自分で行うことは困難です。
専門サービスを提供する税理士に任せると安心です。

平成27年には相続税の増税が実施されました。
そのため、相続対策は活発になっています。
過去にも相続税が増税された時や地価や株価が上昇して資産価値が上昇した時には多くの相続対策が実施されました。
特にバブルの時には、保有している不動産や株式の価値が大幅に増加しましたので、多くの人が相続対策を行いました。
相続はいつ発生するか分かりませんが、必ず発生しますので、長期的な視野で対策をすることが重要です。
相続が発生する時点の地価や株価の動向など予測できませんので、経済環境だけに一喜一憂しないで、しっかりした対策を行うべきです。
相続発生時に親族間の遺産分割を巡る争いが起きないように遺言書を作成することも伝統的な対策の一つです。